What's New

HOME > What's New

江の島フラ・パラダイス同窓会 in 郡山

郡山にある富岡町の「生活復興支援センター おだがいさまセンター」が業務を終えて2020年3月末に閉鎖になります。
江の島フラ・パラダイス目指してフラの練習をしたり、映像作家近藤克己さんの江の島フラパラダイスドキュメントフィルムの上映会をやったりしたセンターに感謝の気持ちを届けようという事で11月30日〜12月1日の日程で江の島フラ・パラダイス同窓会を開催しました。
震災直後からずっと夢だった『いつでもおいでよ江の島』のラッピングバスで湘南の仲間24名がおだがいさまセンターに向かいました。
いつもは藤沢で富岡町の皆さんの到着を待っているのですが今回は富岡の皆さんがずっと到着を待っていてくれてなんか不思議な感覚でした。
皆さんが心を込めて用意して下さったお飾りやお料理、そして楽しいゲーム。湘南の仲間と富岡の皆さんが一つになって笑って泣いて大盛り上がりとなりました。
おだがいさまセンターが無くなるとここで毎週月曜日にレッスンをしていたフラチームワロハの皆さんの練習場所も確保が大変になります。
そして何よりも故郷を離れて暮らす富岡の皆さんの心の拠り所が失われるのは何とも心が痛みます。
富岡町は避難指示解除になって3年目を迎えますがまだまだ戻った方の数は全町民の1割程。
全ての方が故郷の戻れる日が来る事を心から願っています。

富岡支援学校陶芸教室&クリスマス会

アースデイ湘南の富岡町支援プログラムとして2014年に始まった富岡支援学校での陶芸教室。
避難先のいわき市では地元の方とのふれあいが中々出来ないと言う事で陶芸教室の開催が決まり、鵠沼の陶芸家小田原海好さんの指導で陶芸教室を開催しました。
2019年11月6日に開催。
もう何度もやっているので生徒さん達は心待ちにしてくれてました。
そして作品作りが始まると凄い集中力で作品を作り始め気がつくと素晴らしい作品が一杯。
出来た作品は持ち帰って海好さんが彩色し焼き上げて12月17日に届けました。
サンタの衣装で登場の海好さんやサポートスタッフに生徒さん達は大喜び。
陶芸作品を渡した後はクリスマス音楽会。アースデイ湘南実行委員長の琢磨啓子と広報の琢磨 仁による Half Moon ミニライブ。
子供達は立ち上がって一緒に歌い踊って大盛り上がり。
今年の開催も決まり子供達との再会が楽しみです。

えのしましーまん

昨年の江の島フラ・パラダイスにえのしましーまんが登場しました。
しーまんはアースデイ湘南実行委員の琢磨 仁考案の非公認江の島マスコットキャラクター。
藤沢市のふじさわシティープロモーション「キュンとするまち。藤沢」のふじさわファンクラブ、マスコットキャラクターメンバーにも登録されています。
昨年はステージ前で一緒に世界中の子供達を踊りましたが、子供達がしーまんのそばから離れないんです。
子供達に大人気のしーまんは今年もレジェンドしーまんと一緒に江の島フラ・パラダイスに登場します。
是非会場でしーまんに会って下さい。

アースデイ湘南実行委員会 080-3505-6448
infomoon@e-half-moon.com